中古アパート投資の勧め4

NO IMAGE

 木造築古は減価償却費を取れないと思っている人はいませんか。1年に落とせる減価償却費はRCよりも木造のほうが高額になります。ただ、期間が短いだけです。
 私は、築22年の木造アパートを買う場合、売買契約上、建物価格と土地価格を半々にします。4千万円のアパートならば建物価格は2千万円になります。この2千万円を4年で償却しますので、毎年500万円の減価償却費を計上できます。これならば課税されませんので、経費を払い返済をした残りのお金は全額貯金できます。
 
 減価償却期間が切れると沢山課税されて納税が大変と良く言われますが、そんなことはありません。もう一棟同様に買えば、二棟合わせても課税されないでしょう。2棟目の減価償却も切れたら、今度はもっと規模が大きいアパートを1棟か、あるいは、同じ規模のアパートを2棟買えば所得税を払わずにすみます。このようにして貯金を増やしていくのです。
 私のように収益不動産を建物の比率を高くして買い続けていれば、ほとんど税金はかかりません。しかし、ずっと買い続けられるとは限りません。そこで、RCの出番になります。RCを建物比率を非常に高くして買えば、長期で減価償却をとれます。
 RC投資はあまり儲からないのですが、減価償却を長く取れるというメリットがあります。
 ところで、築22年の木造をローンで買うというのは、当然法定耐用年数を超えた融資を受けることになります。こういう融資を受けると「信用を毀損する」と心配する人がいます。次回、このことについて書こうかなと思っています。賛成の方は、人気ブログランキングへをクリックして下さい。

日記カテゴリの最新記事