懇親会報告

NO IMAGE

 連載は1回お休みします。
 昨日は、「楽待コミュニティ」のあと、17時30分から21時30分まで、私主催の懇親会を開催しました。懇親会に招かれたことはありましたが、自ら主催するのは初めてでした。
 「楽待コミュニティ」が品川駅近くのビルで行われ、その周辺での懇親会開催となると、会費が5千円になってしまうんです。これほど立地の良い場所でなければ3千円でできるので、5千円はちょっと高いですね。加えて、「楽待コミュニティ」の参加費が3千円なので、合計8千円の負担です。また、「楽待コミュニティ」は対話形式のセミナーで、講師が講演するというスタイルではないのです。
 
 そこで、懇親会をただの飲食に終わらせてはもったいないと思い、上手く時間を長く取り、飲食の前に、講師3人による簡単な講話を行いました。
 一人目の講師は、不動産取引のプロで、私の不動産購入の師匠である、青木利文氏(相模大野不動産社長)を招きました。青木氏には、売り物件情報の流れ方や出口戦略について話をして頂きました。
 二人目の講師は、18日のブログで紹介した、融資コンサルタントの小川武男氏を招きました。小川氏には、三井住友銀行がフルローンを止めた理由や、今後融資を受けるのに重要なことについて話して頂きました。
 三人目は私で、市場の歪みを突いて割安な収益不動産を買い、長期保有後に売却益を生む投資戦略について話をいたしました。
 その後の飲食では、青木氏・小川氏・私が各テーブルを回り、歓談いたしました。
 参加された方、ご感想を「コメント」に書き込んで下さい。
 話を戻して中古アパート投資ですが、減価償却期間が短いので、下手をすると納税資金が出なくなります。その問題をどのように解決するか、次回の記事で述べたいと思いますが、いかがでしょうか。その点にご関心のある方は、人気ブログランキングへをクリックして下さい。

日記カテゴリの最新記事