「もう貸せない」と言われてしまいました

NO IMAGE

 「人気ブログランキング」の上位がまた変動しました。最近ランキングの動きが激しいですね。まずはランキングの確認を。
人気ブログランキングへ
 私が融資を受けている金融機関の一つが神奈川銀行です。神奈川県内のみに支店網を持つ、第二地方銀行です。現在の融資残高は4,500万円ほどです。
 追加の融資を受けようと、数ヶ月前、個人の昨年分の申告書・決算書を持っていったところ、「去年よりも利益が減っているので、しばらく様子を見たい」と断れてしまいました。昨年沢山買い物をしたため、その取得経費がかかり、赤字にはなりませんでしたが、利益があまり出なかったのです。
 そして、今回、会社の申告書・決算書が出来たので、再度持って行きました。経常利益が千万円近く出たので、融資してくれることを期待していました。ところが、融資担当社は、「8億円も借りていらっしゃるんですね。ここまで借りていらっしゃると、うちではもう融資できません」と断られてしまいました。
 資産を時価で評価して、資産が負債を超えていれば問題なしとする金融機関もありますが、負債の絶対額が多いというだけで断る金融機関もあります。以前、城南信用金庫に申し込みに行ったときは、借入残高の資料を見せただけで、「うちのお客さんはせいぜい1,2億円位しか借り入れがありません」と1分で断れてしまいました。
 一方で、資産・負債が多いことを、キャッシュフローが潤沢に出る、どこかの物件で賃貸経営に失敗しても他の物件でカバーできるなどと、プラスに評価してくれる金融機関もあります。
 現在、今回出来上がった決算書を既存の融資金融機関と、新規の金融機関に持ち込んで、精査してもらっています。8億円もの融資を受けている会社が、さらに融資を受けることができるのか、結果が出ましたらお知らせいたします。知りたい方は、人気ブログランキングへをクリックして、何日かお待ち下さい。 

日記カテゴリの最新記事