区分所有の有利な点

NO IMAGE

 人気ブログランキング上位に、不動産投資以外のブログが上がってきました。まずはランキングの確認を。人気ブログランキングへ
 区分所有にも有利な点があります。一つは、高利回りの物件を買い易いことです。区分所有は、通常、管理費と修繕積立金を賃料から差し引いた上での利回りを、購入の判断基準にします。この利回りが10%だと、表面利回りは15%位になります。一棟売りや一戸建てで表面利回り15%というのはあまりありませんので、割安に買えるという利点があります。特に、一戸建てでは表面利回り10%で買うのも相当大変です。区分所有では、比較的簡単に高利回り物件を手にすることができます。
 もう一つは、金融機関の収入・所得の計算方法です。金融機関によっては、既存物件について、決算書の数字ではなく、満室賃料の7-8掛けを所得とみなしてくれます。区分所有の場合、賃料から管理費と修繕積立金を差し引くと、賃料の7-8掛けよりも低くなってしまう場合が多いですが、それでも、金融機関によっては、賃料の7-8割を所得とみなしてくれます。一方、一戸建てやアパートでは、満室で維持費があまりかからなくても、賃料の2-3割を空室想定や運営経費としてみなされて、賃料収入から差し引かれてしまうことがあるので、不利です。
 このように、区分所有投資にも、有利な点があります。
人気ブログランキングへ 

日記カテゴリの最新記事