都銀の壁は厚い

NO IMAGE

 私の会社は6月決算なので、今月末が決算書提出と納税の期限です。今回は、納税が発生することになりました。そのため、納税資金の名目で都銀からお金を借りようとしました。なぜ都銀なのかというと、都銀とは未だ取引がなく、今後事業を拡大するためには、都銀からの融資が有益であり、取引のきっかけを作りたかったからです。
 銀行は税理士や税理士団体TKCと提携していて、今回、税理士経由で2行に融資申し込みしようとしました。しかし、申し込み書を出す前の段階で断られたとのことです。理由の第一は業種です。詳細は定かではありませんが、考えられることとして、貸家業に運転資金は必要ないこと、また、不動産関連業種への融資は現在積極的にされていないことがあります。第二の理由は業歴です。ウェッブページを見ると2期以上となっており、条件は満たすのですが、実際には、業歴2年では短か過ぎるとのことです。
 さらに、もう一つ重要なことが分かりました。金融庁の中小企業用金融検査マニュアルでは、会社の社長からの借入金は資本金とみなすとされているのですが、某都銀では、その扱いをしていないそうです。前々期の決算が赤字だったので、決算書上、その分資本が減っています。しかし、私からの借入金を資本とみなしてくれれば、前々期の決算内容もさほど悪くはなりません。実際、小規模な金融機関からは、前々期の決算書を示して、融資を受けられました。ところが、都銀と地銀・信金では、根本的な考え方が異なるようです。
 都銀は「定量分析」を重視します。つまり、決算書の表の数字をコンピュータに入力して、スコアリングや格付けを出すのです。一方、地銀や信金は、一部には例外もありますが、決算書の内訳書を丹念に読み込み、また、経営者の資産背景等も考慮にいれて、「定性分析」を行います。
 今回、都銀から融資を受けられませんでしたが、未だ諦めていません。ではどうするのか、次回をお楽しみに。人気ブログランキングへをクリックして、お待ち下さい。
 ところで、一昨日紹介した「レバレッジ不動産投資術 完全実践マニュアル」の売れ行きが好調なようです。決済代行会社infotopの24時間ランキングの1位になっています。未だ100個完売には至っていないようですが、いずれにしても、本日26時で販売終了です。
 昨日、作者の小川氏から連絡があり、私の紹介で買って下さった方に、販売ページに書いていない特典を付けてくれるというのです。今年4月に行われた「不動産ジャンボリー」というセミナーの映像(1時間・非売品)を提供してくれるということです。その内容は、
・「どうやったらお金を借りれるか?」と考えている人ほど融資を受けにくい理由とは?
・銀行に好かれる人、嫌われる人の違いとは?
・銀行員と仲良くなっても何の意味もない。95%が知らない融資審査の真実とは?
・銀行からお金を借りれる人の特徴は? そうなるための2つのポイントとは?
・銀行の融資基準を知るより遥かに大切な2つ条件とは?
・これだけ覚えればOKです。融資審査で銀行が見ている4つのポイントとは?
・銀行が頭を下げてでもお金を貸したい2つのパターンとは?
・銀行からお金を借りられない人に共通する6つの特徴とは?
・他人がいくら融資は厳しいと言っても、それを信じてはいけない理由とは?
・1、2棟で終わる人と、3棟、4棟と買い続けられる人の違いとは?
・融資を受け続けられる不動産オーナーの条件とは?
・両刃の剣のフルローンを使いこなして短期間で資産形成する秘訣とは?
・銀行員がオススメする自己資金のつくり方とは?
・2009年、金融環境の現状と未来について。
・メガバンク、地銀、信金・・・借りやすい穴場銀行を見つけるためのポイントとは?
など盛りだくさんです。
 この商品は、付加サービスが充実している分、売価が52,500円と高めですが、返金保証が付いていますので、迷われている方はとりあえず購入されてはいかがでしょうか。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事