自分で登記するには1 

NO IMAGE

 まず、登記申請書を作らなければなりません。これは、課税価格と登録免許税の表示・計算にちょっとしたルールがあります。
——————————————–
 

登記申請書

登記の目的 所有権移転
原   因 平成21年8月7日 売買
権 利 者 ※買主の住所・氏名
義 務 者 ※売主の住所・氏名
添付書類 登記済証 登記原因証明情報 印鑑証明書 代理権限証書 資格証明書※個人で買う場合は、住民票
平成21年8月7日申請 横浜地方法務局横須賀支局
権利者兼義務者代理人 住所・氏名・電話番号・捺印
課税価格 土地 金**,***,000円 千円未満切捨て
     建物 金**,***,000円 千円未満切捨て     
登録免許税 金***,*00円 百円未満切捨て
      内訳 土地 金***,**0円 固定資産税評価額の1%
         建物 金***,**0円 固定資産税評価額の2%
不動産の表示
(土地)
所在
地番
地目
地積
(建物)
所在
家屋番号
種類
構造
床面積
———————————————-
となります。専門家の方、何か不適切なところがあればコメント下さい。
 上に捨印を押すことで、多少間違っていても、登記官が直してくれます。
 代理権限証書とは委任状のことです。売主が法務局に行かず、買主が登記手続きする際には、売主から買主への委任状が必要になります。続きを読みたい方は、人気ブログランキングへをクリックして下さい。

日記カテゴリの最新記事