物元業者が謝りに来ました。

NO IMAGE

 前回の続きです。その後、物元業者が客付け業者に謝りに来たそうです。買い付けが短期間に複数入ったので、物元業者が「大変なことになりました」と言って売主のところに持って行ったら、売主が「それならばこの値段では売らない」という話になったそうです。
 元付け業者が馬鹿正直なんですよね。私が1棟目に買ったアパートでも、売り出してすぐに買い付けが多数入り、買い側仲介業者が、ローン特約無しでといって契約を取ったのですが、この際、元付け業者は、買い付け申し込みをすぐには売主のところに持って行かず、時間をおいてから、売主に話をしたようです。その結果、売出し価格で買うことができました。
 で、その買えなかった物件ですが、再度売り出されたときに、値上げされているでしょうが、当初と同じ値段で指値して、また買い付けをもうし込もうと思っています。何割も上げて売り出したら、収益性が悪くなり、売れないので、他から買い付け申し込みが入ってこないのではないかという気がします。
 今日はこれから、横浜市戸塚区のアパートの決済です。
 財布の中身レポートの飲み会、申し込みページを見ると、未だ1次会のみ参加の空きがあるようです。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事