一般媒介だから容易にできた短期間での満室化

NO IMAGE

 川崎市多摩区のアパートの話を覚えていますか。1,2か月の間に4戸中3戸が退去し、入居率が25%になってしまった物件です。ちょうどその頃、管理会社から管理契約を解除したいとの申し出があり、募集は一般媒介になりました。
 管理会社の専任媒介だと、エイブルやミニミニを動かすのに苦労します。一般媒介だと、申し込み書を出すだけでエイブルやミニミニが動いてくれるので、入居者を集め易いです。この地域には、同様に顧客からの仲介手数料半月分で営業している東都という会社があり、東都とエイブルが、1階の空室2部屋の客付けをしてくれて、契約済みになりました。
 そして、今日、エイブルの他の店舗から、2階の申し込みが入り、これで満室になります。
 専任媒介でも、エイブルに客付けを依頼できる方法があります。私が持っている共同住宅の中では、相模原市のと座間市のアパートと横浜市緑区のマンションは、空室が出るとエイブルが募集をかけてくれる体制ができています。最近では、伊勢原のアパートで1ヶ月かかってそれを実現しました。エイブルでの内部的な手続きや、管理会社とエイブルとの間の連絡や書類提出で時間がかかったようです。
 詳しくは、次回のブログに書こうかなと思っています。次回の記事を読みたい方は、人気ブログランキングへをクリックして下さい。

日記カテゴリの最新記事