新生プロパティファイナンスから借りるつもり

NO IMAGE

 新生プロパティファイナンスの賃貸物件担保ローンの金利は5%ですが、これは固定金利です。HSBCもスルガもライフ住宅ローンも変動ですから、1年後の金利は、5%を超えているかもしれません。固定5%というのは、不動産貸付事業が成り立つ金利です。25年間元金均等返済にすると、元金返済が借入額の4%ですので、合計9%です。利回り10%以上であれば、収支が合います。
 スルガの変動4.5%のほうが怖いですよ。金利が上がることを想定していないかのような審査なので、金利が1%上がったら家賃から返済できない人が続出するでしょう。そのために、家賃から払えない分は給与収入から払えるような方に、融資をしているのだと思います。ゆえに、年間給与収入の20倍を総借入額の目安としているのでしょう。
 ところで、不動産担保ローンの金利は安くても8%はします。なぜ、賃貸物件担保ローンはそれよりも大幅に金利を低くできるのでしょうか。皆さんも考えてみて下さい。答えは明日。答えを知りたい方は、人気ブログランキングへをクリックして下さい。

日記カテゴリの最新記事