間取りが大きい賃貸住宅経営のデメリット

NO IMAGE

 人気ブログランキング未だ1位です。そう長くは維持できないかもしれません。今のうちにランキングの確認を!
 横浜市内に持っている80-90平米の間取りの賃貸住宅は空きがでてもすぐに満室になると書きました。しかし、デメリットもあります。まず、面積が広くなると賃料単価が下がります。その半面、経費の単価は下がりません。例えば固定資産税は、建物面積の分だけ課税されます。また、賃借人入れ替えに伴う内装工事費は、単価×平米数でかかってきます。このように、賃料に比べて経費が割高になります。
 ちょうど、90平米・3SLDKの内装工事が終わりました。前の賃借人が長く住んでいたため、経年劣化により、壁、天井、床(カーペット)、全て張り替えました。1戸の入れ替えでいくら費用がかかったと思いますか。ご希望が多ければ、見積書を公開します。見たい方は、人気ブログランキングへをクリックして下さい。

日記カテゴリの最新記事