サラリーマンを辞めても融資を受けられるか6

NO IMAGE

 2点目の「決算書の数字が良いこと」は、私の場合未だ到達していません。個人は3年営業して、1年目は赤字だったものの、2,3年目は黒字でした。しかし、法人は、未だ作って2年しか経っておらず、前期は赤字でした。6月決算で、今期は黒字になる見通しですが、銀行が審査するのは前期の決算書なので、審査に通り難いのです。
 
 最も借入額の多い銀行からは、法人の決算が良好に出てからでないと、次の融資ができないと言われています。また、先日融資の相談をした新規開拓の銀行からは、赤字だと融資できないと言われました。今貸してくれているところは、第二地銀と信金です。小規模な金融機関になると、決算書の表の数字だけでなく、実際のキャッシュフローや今後の可能性を見てくれるので、何とか融資が受けられている状況です。
 私の場合は金融機関に当たる時間的余裕が十分にありましたので、現状でも融資してくれる金融機関を複数見つけることができました。サラリーマンの方は、そこまで時間を取れないでしょうから、資産管理会社の格付けが良くなってからリタイアされるのが良いと思います。
 1週間に渡り、このテーマで連載してきました。ためになったと思われる方は、人気ブログランキングへをクリックして下さい。

日記カテゴリの最新記事