サラリーマンを辞めても融資を受けられるか2

NO IMAGE

 私が次々と不動産を購入できるのは、第一に時間があるからです。時間があるから、不動産会社や不動産情報サイトから送られてくるEメールを即座にチェックできますし、時間をかけて物件情報を検索できますし、これはと思う物件があればすぐに見に行って買い付けを申し込むことができます。これにより、銀行評価よりも安い物件を買うことができ、それゆえ融資が付き易く、さらに、そうした物件を買うことで「資産>負債」になり、ますます融資が受け易くなるのです。
 また、空き部屋が出れば不動産会社と協力して空室を埋めるのに時間を割きます。これにより経営状態が良くなり、融資を受け易くなります。
 もし私がサラリーマンだったら、これほどの事業拡大は絶対にできなかったでしょう。サラリーマンである程度の事業規模になった方は、貸家業に専念することで、事業を大きくする速度が加速することでしょう。
 資産管理会社を作って不動産投資をすると、宅建免許を持っていなくても、金融機関からは、不動産業を営む法人という扱いを受けます。「不動産投資をしている人」ではなく、「不動産事業者」と見られます。企業ですから、追加投資により事業規模を拡大して当然です。年収の何倍とかいう基準から離れて、会社の財務状況次第で次々と融資を受けられるようになります。
 もっとも、銀行は一行集中を嫌います。いくつもの金融機関と取引しながら、全体の借入額を増やしていくのが良い方法です。他行の借入状況を見ながら横並びで融資額を増やしていきたいというのが金融機関の習性です。
 しかし、サラリーマンを辞めた後に融資を受けるためには、重要な条件があると私は考えます。
 続きは明日にしますが、ブログランキングが上がるとやる気が出て、すぐに書きたくなるかもしれません。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事