私の入居者募集の仕方5 伊勢原アパート

NO IMAGE

 神奈川県伊勢原市は工業地域です。派遣従業員が多く、最近の「工場閉鎖」や「派遣切り」により、1R,1Kの部屋が余っているようです。私の持っているアパートは駅からとほ14分という立地であり、駅前でも余っているのにここまで来てもらうのは大変です。
 そこで打ち出したのは、
・敷金 ゼロ
・礼金 ゼロ
・仲介手数料 ゼロ(貸主負担)
・フリーレント1ヶ月
・二人入居可
というものです。先月末、管理会社にアットホームのファクトシート(B4版)を作って配布してもらいました。
 先日のブログで3戸空きと書きましたが、その後1戸空いて、合計4戸空きです。全8戸なので半分空きということになります。ここまで空いてしまうと、賃料から借入金の返済ができなくなってしまいます。
 連休だったので仕方ない面もありますが、他業者からの反響は今の所無しということです。周辺業者も、自ら管理するアパートが空いていて、他社の物件にまで手が及ばないのかもしれません。
 そこで行ったのが、エイブル、ミニミニ、ハウスコムへの客付け依頼です。これら3社は家主と直接媒介契約を結び、単独で仲介する形を望みますが、上手く頼めば、他社元付け物件の客付けもしてくれます。これほどの募集条件は、周辺のどの大家も打ち出していません。初期費用最低物件になります。初期費用をほとんど出せないという方に入ってもらおうと考えています。
 その他の業者にもメールを送ったのですが、反応がありませんでした。やはり、他業者が扱っている物件にまで手が回らないのだと思います。前の記事で書いた川崎市多摩区の物件は、一般媒介で元付けになれるということで、沢山の業者から反響があったのだと思います。専任物件ですと、他社に客付けを依頼しても反応が悪いです。
 それにしても、この条件なら「ネットカフェ難民」でも入れると思うのですが、良い宣伝方法無いですかね。お金が無いからと諦めて不動産会社にも行かない人達を顧客として取り込む方法です。良いアイディアがある方、コメントして下さい。
 「人気ブログランキング」3位になり、アクセスが増えました。皆様のお陰です。ありがとうございました。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事