賃料を払っていない人がいるマンションを買おうとしています

NO IMAGE

 融資付けができて諸経費をどう捻出するかが問題のマンションですが、契約準備を進めていくと、新たな問題が分かりました。賃料を払っていない人がいるというのです。
 うち一人は、競売のために裁判所職員が現地を訪問したことに不安を持ち、家賃支払いを中止したという方です。仲介業者が、オーナーが変わるから払って下さいと、説得に行ってくれることになりました。
 もう一人は、売主の先代の知人で、賃料をずっと払わずに住んでいる人がいるというのです。賃貸借契約が結ばれているのかどうかも不明です。もちろん、賃料も分かりません。賃貸借契約があれば、賃料支払いを求めればよいのですが、賃貸借契約が無いとなると、新たに結んでもらうか、出て行ってもらうかしかありません。しかし、売主の手に負えなかったということなので、そう簡単にはいかない恐れがあります。
 その部屋の年間賃料を百万円として、10年間居座られたら千万円の損失です。また、売却の際には、その分賃料収入が低くなるので、収益還元法による評価が下がります。その分、今回買う段階で価格引き下げ交渉をしたいところですが、債権者の回収の関係でそれはできません。
 現在の状態を受け入れて買うか、買わないかという選択に迫られています。
 続編が楽しみな方は人気ブログランキングへをクリックして、ランキングアップにご協力下さい。

日記カテゴリの最新記事