他の投資家さんへの融資付けで分かること2

NO IMAGE

 他の金融機関で借りていると、その金融機関の融資当時の審査には通った訳ですが、新たに融資を受ける場合、新たに融資をする金融機関の基準で、既存の借り入れについて検証がなされます。まず重要なのは、資産と負債のバランスであり、かつて収益還元法で評価が出てオーバーローンを組んだりしていると、積算法では債務超過になっている恐れがあります。次に重要なのはキャッシュフローです。現行の金利ではなく、金利上昇時や空室発生時に返済できるのか各金融機関の基準で再計算されます。
 不動産貸付事業に対する融資ですので、新規購入物件のみならず、既存物件を含めた事業全体が評価の対象となります。ゆえに、一般的な銀行評価を上回る借入をしている方や、賃料から返済ができないほど利回りの低い不動産を買った方は、融資が付き難いです。
 
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事