昨日の続き 価格差は縮まったのですが

NO IMAGE

 昨日書いた、物は同じなのに売価は違うという物件、未だ真相が分かりません。それどころか、さらに分かり難くなっています。
 はじめ2.2億円と提示してきた業者は、昨日になり、1.7億円と言ってきました。また、両方の業者とも、内見がすぐにできる様子ではないと伝えてきています。
 さらに数時間前、私のメール相談の会員さんが、ブログを見て、「1月に満額で買い付けを申し込んだのに買えなかった」と連絡をくれました。
 もう、どうなっているか分かりません。私は、こういう物件に関わって優良物件を買い逃したくないので、買い付け申し込みはしないつもりです。
 仮に買うとすると、次のようにします。
1.買い付け証明書に対する売主の返事として、売り渡し証書を出してもらう。
2.債権者の連絡先を聞き、いくらならば抵当権抹消ができるかを直接尋ねる。
3.上記1番、2番が済んだ時点で、融資の申し込みをする。
 とにかく、いつも言っていますが、非公開情報と関わる際には注意が必要です。
 皆様のお陰で「人気ブログランキング」回復してきました。現在のランキングを、
人気ブログランキングへ
このバナーをクリックしてご確認下さい。

日記カテゴリの最新記事