建物にお金を払わなければ安全な投資と言えるか

NO IMAGE

 建物は経年とともに減価しますし、災害が起きればたちどころに価値が無くなる恐れがあります。ゆえに私は、土地値で買え、かつ建物が未だ使える売り物件を好んで買っていますが、土地を買うにもしても、リスクがあります。
 価格下落リスクは言うまでもありませんが、他にも地盤沈下といった、土地の価値を損なう現象があります。昨日のNHKテレビ「クローズアップ現代」で地面の陥没が取り上げられていました。石炭を採るためにかつて地下に掘られた穴が原因だそうです。
 こうしたリスクを考えると、安く買えたからと言って安心していられません。1物件の規模をなるべく小さくして、小型分散投資をするのが賢明でしょう。手間はかかりますがこのほうが堅実です。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事