初期費用を低くして賃借人を受け入れることへのリスクヘッジ

NO IMAGE

 敷金ゼロでは借主に滞納や原状回復義務が生じた時に、担保する資金がありません。仲介手数料を貸主が負担しておまけにフリーレントまで付けては、借主が早期に退去した場合に損失が出てしまいます(違約金の特約を付ける事が考えられますが、払ってもらえなければ回収するのが大変です)。
 そこで私が利用しているのが、保証会社の全保連です。家賃のみならず、原状回復費用、早期解約違約金、解約予告通知義務違反違約金まで保証対象になっているのが特徴です。
 利用するには、全保連と協定契約している不動産業者に仲介や管理を委託するか、家主が法人成りして全保連と直接協定契約を結ぶ必要があります。私の場合は後者です。
 利用されたい方は、電子メールでお問い合わせ下さい。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事