ちょっと気になる退去予告通知

NO IMAGE

 満室(27戸)運営中の神奈川県横浜市緑区のマンションで、3月末での退去予告通知が2件来ています。最近の経済状況を考えると、空室が埋まるかどうか少々心配しております。それは、家賃10万円以上の高額物件だからです。
 このマンションの間取りは主として3LDKで、東京・神奈川勤務のサラリーマン世帯を中心に借りて頂いています。入居申し込み書を見ると立派なお勤めの方ばかりです。他の神奈川物件は家賃6万円以下のアパートであり、客層が明らかに異なっています。
 景気後退曲面の現在、10万円以上の貸室を借りて下さる方が容易にみつかるかどうか、不安があります。不景気だからといって賃貸住宅需要が減少するとは思っていませんが、消費者の予算制約が厳しくなり、より安価な賃貸住宅の需要が増加している可能性があります。家賃設定の低いアパートですと、初期費用を低く設定して低所得層を取り込むことができるのですが、10万円以上の物件にその方法は通用しません。
 賃借人入れ替わりの時期ですので、購入や融資の話に加えて、賃借人募集の話も、今後随時していきたいと思います。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事