情報は本物だけれど買えない物件

NO IMAGE

 このところ「非公開情報」という名の偽情報の話で盛り上がっていますが、情報は本物だけれど買えない物件というのがあります。それは、元付け業者が客付けもしたくて、他業者に買わないかと持ちかけている物件情報です。
 
 売主から物件を預かった業者が「両手」を取りたいと思えば、まず、買ってくれそうな他業者に話を持ちかけます。他業者が買ってくれれば、仲介業者は売主、買主両方から仲介手数料が入り、また、エンドと呼ばれる一般顧客に売るよりも宅建業者に売るほうが手間がかからないからです。
 
 その情報が業者間で広まると、今度は客付けをしようという業者が現れ、一般顧客に物件情報を回すのです。しかし、元々その情報は、業者に買い取らせて元付け業者が両手を取るためのものですので、他社が客付けしても、「自社でやります」と言われ、受け付けてもらせません。
 昨日も、そんな情報が回ってきました。神奈川県川崎市宮前区の物件です。元付けに直接申し込まないと買えません。
人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事