非公開・未公開情報の落とし穴

NO IMAGE

 不動産会社に資料請求をしていると、「非公開情報」とか「未公開情報」とかいって資料を送ってくる業者がいますよね。また、レインズやインターネット広告に載る前の物件を買うのが良いと言っている人もいますよね。確かに、その類の情報の中には良いものもあるのですが、私が買っているのは、レインズやインターネット広告に出たものが中心です。
 「非公開情報」とか「未公開情報」物件に手を出す際に気をつけなければならない点を1点指摘します。それは、本物の情報かどうかということです。この類の情報には、所有者が不動産の売却を検討しているという情報を耳にしたブローカーと呼ばれる人たちが、所有者や債権者の同意を得ないまま「物件情報」を不動産業者に持ち込み、客付けを依頼しているものが多く含まれているからです。ブローカーは買い付け申し込み書を持って所有者や債権者のところへ行き、「もう買い手が付いているから売りましょうよ」と言って説得します。しかし、ブローカーが勝手に付けた「売価」ですから、所有者や債権者が同意しないことも多分にあり、所有者の売却意思が固まっていないこともあるのです(ゆえに「売主」ではなく「所有者」なのです)。
 私が取引している不動産会社の中にも、「非公開情報」・「未公開情報」の物件ばかりを仲介している会社がありますが、売主から直接話が来たもの以外は、売主や売主が仲介を依頼した元付け業者に確認をして、本物の情報と分かったもののみをお客様に紹介すると言っています。しかし、ブローカー情報を鵜呑みにして顧客に流すだけの不動産会社も多数あると思われ、注意が必要です。
 ブローカーが勝手に書いた「売買価格」では契約が成立しないのに、現地調査に行っても、時間の無駄ですよね。場合によっては、融資が付いた人と契約すると言われて、融資の申し込みをするかもしれません。偽者の情報を信じて融資の申し込みをして、その後、本物の良い情報が入ってきたらどうなるでしょうか。後から情報が入ってきた物件の融資を同じ金融機関に申し込んでも、「前の件の結果が出てからにして下さい」「同時期に2件の融資は無理です」と言われてしまうかもしれませんよ。そうなると、ただ時間の無駄だけではすみません。本当に良い物件を買い逃してしまう恐れさえあるのですから。
 非公開・未公開物件情報を紹介されたら、こう問いましょう。「売主と直接つながっていますか。間接の場合は、この情報が本物と言える根拠はありますか」と。まともな回答が返ってこなければ、偽者の「物件情報」である恐れがあります。
 この記事が有益と思われた方は、
人気ブログランキングへ
↑このバナーをクリックして投票してください。
 
 

日記カテゴリの最新記事