まぐまぐのメールマガジンが届かない

NO IMAGE


人気ブログランキングへ
 話は変わります。今月19日から今朝まで毎日まぐまぐのメールマガジン「石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―」を配信しています。問題は2-3年前から生じていたのですが、特にここ数カ月、まぐまぐのメールマガジンが届かないという事象が、顕著になっているようです。
 とりわけ、yahoo mailとGmailは迷惑メールフォルダに入り易く、さらには、全く届かないという現象もここ数日確認しています。便利な反面希望しているメールが届かないというのは、利用者にとって望ましいことではありません。
 全く同じメールを自分が契約しているサーバーやメールサービスから送ればきちんと届くのに、送信人がまぐまぐとなると、それだけで途端に届かなくなってしまうのです。
 これについて、まぐまぐはこのようなヘルプページを作って、ユーザーがメールを受け取れるようにその対処法を説明しています。このままだとまぐまぐのメールマガジンそのものの価値が下がっていきそうな気がします。どんどん届かなくなったらまぐまぐに広告料を払う事業者へ減っていきますからね。
 そして、私のようにメールマガジンで情報発信する者にとっては、まぐまぐに頼らないメール配信が重要度を増してきました。まぐまぐ以外から送れば届き易くなるのでそうすれば良い、と思われるかもしれませんが、それで解決する問題ではありません。それは、まぐまぐに登録されているメールアドレスはまぐまぐだけが持っており、メルマガ発行者には提供されないからです。
 まぐまぐから独自配信に変更するためには、まぐまぐに登録している方に、独自配信メールシステムに登録して頂かないといけませんが、そのお願いをまぐまぐのメールマガジンに流しても、そのメールが届かないのでは、意味がありません。
 また、まぐまぐに読者登録して下さっている方々が、私のメルマガが届くようウェブメールやメールソフトの設定をして下されば大抵届くようになります。設定方法については、
http://46mail.net/index.php?e=mailmag@mag2.com
http://mail-wake.com/index.html
こうしたマニュアルに分かり易く解説されています。しかし、これも同様に、のお願いをまぐまぐのメールマガジンに流しても、そのメールが届かないのでは、意味がありません。
 どうしたら良いものでしょうか。
 
 皆様のメールボックスには私が先週末から毎日配信しているメールマガジンが届いていますでしょうか。届いていない方のために、記事一覧を作りましたので、まずはバックナンバーをお読み下さい。そして、yahoo mailやGmail以外の届き易いアドレスをいくつか、バックナンバーページの右下からご登録頂き、また、上記マニュアルを参考に、既に登録されているyahoo mailやGmailに届くよう設定をして頂きたく、お願いいたします。 
■最近の配信記事一覧
1.9月19日 http://archives.mag2.com/0000279415/20150919192023000.html
・ブログ更新
・イベントのお知らせ
・不動産投資のコストダウン
・中途解約で利益の出る火災保険活用法
2.9月20日午前 http://archives.mag2.com/0000279415/20150920102515000.html
・ブログ更新
・3年ぶりにセミナーを主催
・火災保険料を半額にする方法! 中途解約で利益の出る火災保険活用法―数値例―
・10月以降の火災保険料値上げについて
3.9月20日午後 http://archives.mag2.com/0000279415/20150920223018000.html
・火災保険は躊躇なく切り替えよう
・マスコミ報道に騙されるな! 実は首都圏でも4割値上げされる火災保険料―10月1日から改訂―
・将来保険料率が下がった場合はどうすれば良いか?
4.9月21日 http://archives.mag2.com/0000279415/20150921233852000.html
・手持ち資金を出さずに割安な火災保険に切り替える方法
   ―切替で手持ち金を増やす「保険料還付」も可能―
5.9月22日 http://archives.mag2.com/0000279415/20150922133815000.html
・「36年の保険契約が25年分の保険料で契約できる」という代理店営業はナンセンス 
・先週末から紹介している損害保険代理店のアイリックコーポレーションについて
6.9月23日朝 http://archives.mag2.com/0000279415/20150923072243000.html
・最近の配信記事一覧
・過去5回の記事は今号のためにありました
・既に融資期間分の火災保険契約をお持ちの方、危険な罠に陥っていませんか
・罠から抜け出すために
 さて、銀行によっては、中小企業のために実態を見て財務面でプラス評価するというやり方をあまりとってくれないので(減算はするのでしょうが)、個別注記や決算書上の科目分けに頼らずに、決算書の表面上の数字を良くする必要がありました。
 どういうことか、さらに詳細をお知りになりたい方は、
をクリックしてお待ち下さい。

人気ブログランキングへ

インターネットカテゴリの最新記事