積算評価額概算目安が分かる収益不動産検索システムを作ったので只今より無料公開します

NO IMAGE


人気ブログランキングへ 
 今、不動産投資で難しいのは、融資を受けることよりも物件を探すことです。昨年から金融機関の融資姿勢が非常に積極的になり、「いくらでも貸したい」というような勢いです。これは私に対してだけでなく、不動産業の会社で財務状況が悪くないところでは、どこも同様の状況かと思います。そのため、実需物件も収益物件も不足しており、そうした中で割安な物件をいかに見つけるかが事業拡大のためには重要です。
 収益不動産ポータルサイトを検索すると高利回り物件は散見されますが、その物件の売価が積算価値に見合っている可能性はとても低くなっています。一生懸命物件検索して地価を調べて積算しても、殆ど無駄な努力に終わってしまいがちです。
 そんな中で、私は、自作のプログラムにより高積算物件を半自動で見つけています。システムが選んだ物件のみ、細かく売物件情報を見るようにしています。
 この度、そのシステムを一般向けにアレンジして公開することにしました。収益不動産の主要ポータルサイトから毎日送られてくるメールに付されている新着情報一覧URLや、数日ごとに
自らポータルサイトにアクセスして得る検索結果一覧URLを、私が提供するシステムに張り付けて実行すると、1回の操作で数十の物件につき、積算価格概算目安とその売価比が自動表示されます。つまり、積算面で割安な可能性のある物件のみを、簡単に抽出することができるのです。
 これを使えば、積算価格が売価と比べて高い物件のみを選ぶことが簡単にできますので、物件検索が省力化できます。
 過去の検索結果を保存できるようにしていること等から、登録制にしています。ご登録・ご利用は一切無料です。こちらから新規登録をお願いいたします。新規登録後即座にご利用可能です。 
 さて、経営者保証ガイドラインが先週から施行されましたが、これからは誰でも代表者連帯保証人無しで法人融資が受けられるといって喜ぶのは軽率です。むしろこのガイドラインによって、融資が受けにくくなる恐れもあります。政府は中小企業が融資を受け易くするためにと始めた政策ですが、そう単純な話ではありません。どういうことか、こうした話題にご関心のある方は、
をクリックして下さい。

人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事