「実質個人の資産管理会社」としてのフルローン可能な金融機関からの借り方1

NO IMAGE


人気ブログランキングへ 
 万年社長様、再度のコメントありがとうございます。無料でスポンサー広告無しのブログからどのように収入を得ているのか、6月5日(水)20時からウェブセミナーを開催し、そこでお話することにいたしました。パソコンや高速度スマートフォンからご視聴・ご参加が可能です。詳細はまぐまぐのメールマガジンで告知しますので、未登録の方はご登録下さい。
 先ほどまぐまぐとは別の「既存借入額2億円以上で法人として本格的に不動産賃貸業をしたい方向けの特別メルマガ」を配信したところ久しぶりだったせいかかなりのエラーメールが戻ってきてしまいました。届かなかった方は再度ご登録をお願いいたします
 ここ1年位、融資といえば事業法人としての話題が中心だったので、実質個人の資産管理会社が地方銀行から融資を受けるという、サラリーマン兼業投資家の方々向けの記事を書いてみました。
 個人名義の「アパートローン」は頭金1割とか3割とかいったルールを設けている金融機関がありますが、法人名義ですと、実質個人の資産管理会社であっても、一般事業資金と同様に個別審査になる銀行があります。
 都市銀行と信託銀行は主として資産家・地主向けに「アパートローン」を提供していますが、そもそも資産家や地主や資産管理会社を活用することが多いので、法人名義でも融資します。名義が法人であっても「アパートローン」は個人融資扱いです。
 それに対し、地方銀行では「実質個人の資産管理会社」への融資を法人部門で扱っていることがあります。法人部門の融資ですと基本的には事業性であり、頭金何割といったルールは基本的になく、個別判断になります。それにより、評価と収支が基準を満たせば、割安な物件を仕入れることでフルローンになる可能性があります。実際私は法人部門で通常フルローンを受けています。
 法人融資ですと基本的に「格付」が審査上重要になり、財務状況が悪い会社は一般に融資が付き難いです。私の会社は事業法人として融資を受けられる財務内容であり、「実質個人の資産管理会社」とは見られていません。それゆえ融資を受け易いのですが、昨日営業に来た銀行員と話している中で、法人として財務内容の悪い「実質個人の資産管理会社」でも十分に融資対象に成り得るし金額の上限も無い、と言われました。
 ほとんど利益が出ていない法人や新設法人でも、資産管理会社ならば、高額な不動産購入資金の融資ができる、というのです。どういうことか、続編に期待される方は、
をクリックして下さい。
 フェイスブック及びツイッターにて都度更新案内をしています。面識のない方の「友達リクエスト」も承認していますので、お気軽にアクセスして頂ければと思います。

人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事