安部政権で融資はどうなる1 予算案と中小企業金融・資金繰り支援政策

NO IMAGE


人気ブログランキングへ 
 マクロの金融政策についてはご関心が低いようでしたので一旦見送って後日機会があれば再度書きたいと思います。
 皆様によりご関心があるのは、融資がどうなるかですよね。
 先週、来年度予算案が閣議決定されました。また、それ以前に平成24年度補正予算案も閣議決定されました。それらは財務省のウェブページにこの通り掲載されていますが、各省庁の分を全部読むのはかなり大変です。
 
 近年予算案通りに予算が決まらないことがありましたが、かつて「自民党一党独裁」と言われていた時代には、予算案がそのまま予算となっており、今回もそうなるでしょう(衆議院の優越により)。各省庁は財務省に予算を要求しますが、予算を要求するということは、その時点で来年度の政策立案を概ねしています。そして、新年度予算案が決まってからは、それを前提に、詳細な政策を決めて、予算案が国会で通ると速やかにそれを開始します。
 そのため、各省庁の予算案を熟読して不明点を管轄部署に質問することで、4月以降どうなるかは現時点で大凡分かるのです。それを商売にしているのがマスコミですが、細かいことまではあまり報道されません。
 安部政権で私達中小零細企業への融資はどうなるのか、ご関心のある方は、
をクリックして下さい。

人気ブログランキングへ

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です