家主を滅ぼさない管理会社を選ぶ必要あり―自主管理か管理委託か7―

NO IMAGE


人気ブログランキングへ 
 コメント頂戴したように素人記事ではありますが、私が昔の失敗談を語ることで、ためになる方もいらっしゃるだろうと思いまして。
 まず、免許番号が古いとそれだけで客付業者から敬遠される傾向にあるようです。昔ながらの営業をしており付き合い難いと、若い会社の営業マンは思うのでしょう。それとも関連しますが、「態度が横柄」「上から目線」といったところも、嫌われる要因だったようです。
 昔は需給関係が今と逆でしたので、家主や賃貸物元の不動産会社は「偉かった」のでしょう。しかし、空室が余っている現在の市場では、入居者となるお客様が第一、そして、それを左右する客付業者のほうが立場が上です。空室確認の連絡があった際に直ぐに対応して客付を依頼しないと、他の物件にお客様を振られてしまいます。それゆえ、経営意識の高い家主や管理会社は客付業者を回って頭を下げて入居者募集活動をしており、皆様もそれが当然と思うでしょうが、そういう意識の無い業界人も多いのが現状でしょう。
 ですから、サラリーマンの副業であっても、昔ながらの方法で本業でやっている家主や不動産会社に勝てるのでしょう。
 結局のところ、良い管理会社を選ぶのが重要という事に尽きますね。
 このところ新しいことをあまり書いていませんでした。そろそろ話題を変えましょう。賛成の方は、
をクリックして下さい。

人気ブログランキングへ

日記カテゴリの最新記事