不動産投資家石渡浩のサイト

メールマガジン
石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
メールアドレス(半角)を入力ください。
学生時代に自己資金2千万円で不動産投資を始め,その後就職せずに融資を受けて6年間に15億円以上投資し年間家賃収入2億円の石渡浩が,自己資金千〜数千万円程度の一般投資家を主対象に,アパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します.
稀にメールアドレスを入力しても登録できない場合があります。
その際は、こちらから登録できます。

メールマガジンのバックナンバーを読みたい方はこちら

2017年06月14日

不動産M&A(株式譲渡)契約での守秘義務が解かれたので



人気ブログランキングへ

 ブログ読者の皆様、この頃情報発信はメールマガジンツイッターフェイスブック(アカウントが必要です)を中心に行っています。

 2016年4月に売主の私と買主のフィンテックグローバル完全子会社のベターライフサポートホールディングスらとの間で交わした石渡住宅サービス(現ベターライフプロパティ)の不動産M&A(株式譲渡)契約では守秘義務条項が設けられ、契約内容と交渉経緯を第三者に開示してはならないとされていました。その義務が終了したので、フィンテックグローバルの連結子会社となった旧石渡住宅サービス(現ベターライフプロパティ)の株式譲渡の契約内容や交渉過程等を含んだDVD教材「新しい不動産投資手法としての不動産保有法人の株式売買」を新発売しました。

 個々の不動産を売買するよりも、不動産を保有している株式会社の株式や合同会社の持分を売買したほうが、買主にとっても売主にとっても利点があります。では、買主はどのように売主を、そして、売主はどのように買主を見つけ、どのように交渉し、また、価格がどのように決まり、どのような契約を当時者間で契約して、最終売買を行うのか、そうした不動産M&Aの仕方をこのセミナー収録教材でお話ししています。

 購入ご希望の方は、

https://form.os7.biz/f/b53e24a5/

からお申込み下さい。代金後払いなので安心してご発注頂けます。

 ↓クリックすると拡大されて商品リーフレットが読みやすくなります↓
 
不動産保有法人の株式売買DVD1ページ.jpg


をクリックして次の記事掲載をお待ち下さい。


人気ブログランキングへ

posted by 石渡浩 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | M&A、株式譲渡

2016年10月12日

有価証券報告書に載りました



人気ブログランキングへ

 私が4月28日まで代表取締役を勤めていた石渡住宅サービス株式会社は、同日ベターライフプロパティ株式会社に商号変更するとともに、マザーズ上場のフィンテックグローバル株式会社の連結子会社になりました。

 そして、8月10日、フィンテックグローバルの四半期財務報告書が関東財務局及び東京証券取引所に提出されるとともに公開されました。その中の四半期連結財務諸表に旧石渡住宅サービスと私のことが次の通り注記されました。

-----------転載--------------------

(企業結合等関係)
 (取得による企業結合)
(1)企業結合の概要
@被取得企業の名称及びその事業の内容
 被取得企業の名称 石渡住宅サービス(株)
 事業の内容 不動産賃貸事業
 
A企業結合を行った主な理由
 不動産業界はますますインターネット化が進んでおり、スマートフォン等を利用して不動産を探す時代になっています。ベターライフサポートグループでは、「eコマースを活用した不動産事業」の1つとして、(株)ベルスの福利厚生の優良な顧客基盤を活用し、不動産情報を活用したビジネスを推進しています。その中で不動産賃貸事業に関しては、顧客企業の従業員に対する福利厚生サービスとして賃貸物件の紹介を中心に推進してきましたが、安定した賃貸ビジネス基盤の構築と拡充が経営課題の1つでありました。
 今般、石渡住宅サービス(株)をグループ会社とすることにより、ベターライフサポートグループのeコマ
ースを活用した不動産賃貸ビジネス、不動産賃貸管理ビジネス、不動産賃貸仲介ビジネスを拡大させて推進することを企図しています。また、住まいをお求めの顧客のために、ベターライフサポートグループのサイトによってワンストップで全ての不動産情報が得られるようなシステム構築のスピードアップを図って参ります。
 石渡住宅サービス(株)は、平成19年に石渡浩氏が起業し、神奈川県を中心に賃貸物件を46物件保有している優良企業です。石渡浩氏は同社の社長も務める傍ら執筆活動も行っており、広く不動産賃貸業界で活躍されている若手実業家です。今般、ベターライフサポート事業の構想に共感いただき石渡住宅サービス(株)の株式譲渡後も、新たな不動産賃貸ビジネス構築を当社グループとともに推進していきます。
 このように、今回の株式取得は、当社グループが推進していくベターライフサポート事業とのシナジー効果が見込まれ、当社グループの連結ベースでの企業価値向上に寄与するものと判断いたしました。

 B企業結合日
 平成28年4月28日

 C企業結合の法的形式
 株式の取得

 D結合後企業の名称
 ベターライフプロパティ(株)

 E取得した議決権比率
 100%

 F取得企業を決定するに至った主な根拠
当社の完全子会社である「ベターライフサポートホールディングス(株)」及びその子会社の「(株)ベルス」が、現金を対価とした株式取得により、被取得企業の議決権の100%を取得したためであります。
 
 (2)四半期連結累計期間に係る四半期連結損益計算書に含まれる被取得企業の業績の期間
 平成28年4月1日から平成28年6月30日まで
 
 (3)被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳
取得の対価現金492,000千円
取得原価492,000千円
 
 (4)発生した負ののれんの金額、発生原因
 @発生した負ののれんの金額
 249千円

 A発生原因
 企業結合時の石渡住宅サービス(株)の時価純資産額が株式の取得原価を上回ったため、当該差額を負の
のれんとして認識しております。

----------転載終わり---------------------

 今回の株式譲渡は売って終わりではありません。すなわち、上述されている「今般、ベターライフサポート事業の構想に共感いただき石渡住宅サービス(株)の株式譲渡後も、新たな不動産賃貸ビジネス構築を当社グループとともに推進していきます」というとおり、私は全株式を売却し社長を辞任しましたが、株式譲渡し取締役退任したその会社並びにその関連会社及び親会社からなるベターライフサポートグループの発展に向けて活動していく予定です。

 私から株式を購入して親会社となったベターライフサポートホールディングス(株)は、2018年に上場を目指しています。そのためには規模を拡大して売上と利益を増やす必要があります。私は同社グループの不動産投資家の皆様との窓口として、株式譲渡を希望する不動産保有会社の買収を進めたいと考えています。

同時に、自らも資産保有会社の株式を売買する形の新しいスタイルの「不動産投資」を行っていくつもりです。

 なお、株式譲渡については今年6月以降のフェイスブック投稿をお読み頂ければと思います。アクセスが難しい方は、概要だけになりますがツイッターにも出していますのでフォローして頂けますでしょうか。


をクリックして次の記事掲載をお待ち下さい。


人気ブログランキングへ

posted by 石渡浩 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | M&A、株式譲渡

無料メール相談

東京・神奈川・千葉・埼玉の一棟売りアパート・マンション投資をされている方やこれから始めようとされている方を対象に、無料メール相談をお受けします。

今後有料化を検討していますが、今申し込みされれば、ずっと無料で対応いたします。(無期限・回数無制限)
ご希望の方は、お名前(苗字)とメールアドレスを入力して登録して下さい。
お名前とメールアドレスのみで結構です。


*は入力必須です。
お名前(姓のみ)* 
メールアドレス* 
確認用メールアドレス* 
メールマガジン登録   石渡浩公式メールマガジン登録(まぐまぐ)
『石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―』
画像認証  CAPTCHA Image [画像変更]



石渡浩公式メールマガジン登録(まぐまぐ)に既にご登録の方は、 「メルマガ登録に失敗しました。 いくつかの原因が考えられます。以下の内容をご確認の上、いずれかの操作をお試しください。 入力されたメールアドレスは登録済みです。」 と表示されますが、登録は完了しておりますのでご安心ください。

また、稀に石渡浩公式メールマガジン(まぐまぐ)の登録ができない場合があります。 その際は、こちらから登録できます。