不動産投資家石渡浩のサイト

メールマガジン
石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
メールアドレス(半角)を入力ください。
学生時代に自己資金2千万円で不動産投資を始め,その後就職せずに融資を受けて6年間に15億円以上投資し年間家賃収入2億円の石渡浩が,自己資金千〜数千万円程度の一般投資家を主対象に,アパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します.
稀にメールアドレスを入力しても登録できない場合があります。
その際は、こちらから登録できます。

メールマガジンのバックナンバーを読みたい方はこちら

2014年02月21日

最近の金融庁の金融行政について4 完結編



人気ブログランキングへ 

 お待たせしました。低気圧が来ると痛みや痺れが出るとう症状がまだ続いており、辛い1週間でした。最近の金融庁の金融行政についての完結編です。私がどのように考えているかを書きます。


 バブル経済崩壊以降、金融機関は不良債権処理に追われてきたが、その一因となったのが金融行政でした。1998年10月からから2000年3月に実施された「金融安定化特別保証制度」によるほとんど無審査状態の融資や、その後の公的資金注入行に課せられた中小企業向け融資残高目標を達成するめの「政策的融資」は多くのデフォルトを招きました。金融行政は金融政策である金融システム安定化のためにあるべきものですが、それを経済成長に使おうとして失敗した結果と言えましょう。

 だとすれば、今回の安倍政権による政策も、過去の過ちの繰り返しになる恐れがあり、金融システム安定化と経済成長とを両立させるためには、今事務年度方針に掲げられている「適切なリスク管理」を各金融機関並びに金融庁及び日銀が的確にチェックするとともに、「融資審査における事業性の重視」と「小口の資産査定に関する金融機関の判断の尊重」という方針の中で、各金融機関がそうした審査・査定の方法を速やかに確立する必要があります。

 金融庁は新規融資等の量的数値よりむしろ、各行の融資審査・自己査定体制といった質的側面を重視した監督・検査をすべきだと考えます。

 
 以上が私見ですが、皆様がお知りになりたいのは、実際に私達は融資は融資を受け易くなるのか、そして、融資をより受け易くするためには具体的にどうすれば良いかという、より実践的な話でしょうか。そういう話にご関心のある方は、
をクリックして下さい。


人気ブログランキングへ

posted by 石渡浩 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融政策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/88013807
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

無料メール相談

東京・神奈川・千葉・埼玉の一棟売りアパート・マンション投資をされている方やこれから始めようとされている方を対象に、無料メール相談をお受けします。

今後有料化を検討していますが、今申し込みされれば、ずっと無料で対応いたします。(無期限・回数無制限)
ご希望の方は、お名前(苗字)とメールアドレスを入力して登録して下さい。
お名前とメールアドレスのみで結構です。


*は入力必須です。
お名前(姓のみ)* 
メールアドレス* 
確認用メールアドレス* 
メールマガジン登録   石渡浩公式メールマガジン登録(まぐまぐ)
『石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―』
画像認証  CAPTCHA Image [画像変更]



石渡浩公式メールマガジン登録(まぐまぐ)に既にご登録の方は、 「メルマガ登録に失敗しました。 いくつかの原因が考えられます。以下の内容をご確認の上、いずれかの操作をお試しください。 入力されたメールアドレスは登録済みです。」 と表示されますが、登録は完了しておりますのでご安心ください。

また、稀に石渡浩公式メールマガジン(まぐまぐ)の登録ができない場合があります。 その際は、こちらから登録できます。