不動産投資家石渡浩のサイト

メールマガジン
石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
メールアドレス(半角)を入力ください。
学生時代に自己資金2千万円で不動産投資を始め,その後就職せずに融資を受けて6年間に15億円以上投資し年間家賃収入2億円の石渡浩が,自己資金千〜数千万円程度の一般投資家を主対象に,アパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します.
稀にメールアドレスを入力しても登録できない場合があります。
その際は、こちらから登録できます。

メールマガジンのバックナンバーを読みたい方はこちら

2011年09月16日

都銀の融資期間は10年まで?


 都銀と地銀等とでは違うところが沢山あります。外見上明瞭に分かるのが融資受付窓口です。個人部門と法人部門とでは、融資の相談や申し込みを受け付ける窓口が異なります。個人渉外と法人渉外とで担当が分かれることは大手地銀でもありますが、都銀になると、窓口の建物や店自体が、個人と法人とで分かれていることもあります。

 メルマガに書きましたが、ここでいう法人というのは個人部門がアパートローンで融資する「実質個人の資産管理会社」ではありません。そうではなく、一般的な法人を扱っている法人営業部門です。

 そして、融資条件も都銀に関しては、個人と法人で大きくことなります。特に融資期間です。個人ローンでは20年、30年といった融資期間をとれますが、法人では通常最長10年で、10年を超える超長期はあまり扱われません。

 どうしてかというと、超長期の事業性資金融資は、長期信用銀行が担っており、都銀と住み分けされていたからです。長期信用銀行とは、普通銀行とは区別され、具体的には、日本興業銀行、日本長期信用銀行(長銀)、日本債券信用銀行(日債銀)の3行です。この3行とももはや存在しませんが、かつては、超長期の事業性資金融資は、こうした長期信用銀行が担っていたんですね。そのため、都銀は10年以下の融資をしており、それが今でも続いています。

 しかし、10年間元金均等返済では、不動産賃貸業の場合収支がなかなか合いません。では、都銀から不動産賃貸業の法人が借りていないかというと、そうではありません。では都銀からどうやって借りるのか、詳細にご関心のある方は、人気ブログランキングをクリックして下さい。

人気ブログランキングへ

posted by 石渡浩 at 22:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
‘cuz i dont have any of raw denim
Posted by discount north face denali at 2013年10月02日 16:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47990522
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

無料メール相談

東京・神奈川・千葉・埼玉の一棟売りアパート・マンション投資をされている方やこれから始めようとされている方を対象に、無料メール相談をお受けします。

今後有料化を検討していますが、今申し込みされれば、ずっと無料で対応いたします。(無期限・回数無制限)
ご希望の方は、お名前(苗字)とメールアドレスを入力して登録して下さい。
お名前とメールアドレスのみで結構です。


*は入力必須です。
お名前(姓のみ)* 
メールアドレス* 
確認用メールアドレス* 
メールマガジン登録   石渡浩公式メールマガジン登録(まぐまぐ)
『石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―』
画像認証  CAPTCHA Image [画像変更]



石渡浩公式メールマガジン登録(まぐまぐ)に既にご登録の方は、 「メルマガ登録に失敗しました。 いくつかの原因が考えられます。以下の内容をご確認の上、いずれかの操作をお試しください。 入力されたメールアドレスは登録済みです。」 と表示されますが、登録は完了しておりますのでご安心ください。

また、稀に石渡浩公式メールマガジン(まぐまぐ)の登録ができない場合があります。 その際は、こちらから登録できます。