不動産投資家石渡浩のサイト

メールマガジン
石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
メールアドレス(半角)を入力ください。
学生時代に自己資金2千万円で不動産投資を始め,その後就職せずに融資を受けて6年間に15億円以上投資し年間家賃収入2億円の石渡浩が,自己資金千〜数千万円程度の一般投資家を主対象に,アパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します.
稀にメールアドレスを入力しても登録できない場合があります。
その際は、こちらから登録できます。

メールマガジンのバックナンバーを読みたい方はこちら

2015年02月19日

自賠責保険の有効活用法 交通事故被害者による被害者のために自動車保険活用ガイド3



人気ブログランキングへ 
 
 暫く間が空いてしまいましたが前回の続きです。

 先日私のアパートでちょっとした事故があり、契約している施設賠償保険の保険会社に相談しました。示談交渉が付いていないので被害者との交渉は私がする必要がありました。結果的に工事業者が入っている賠償保険での対応となり私の保険は使いませんでしたが、相談時に私の保険会社の保険金支払い部署の担当者から、「通院慰謝料は自賠責保険の基準をまず提示してなるべく賠償額を少なくして」等といった「ご助言」を受けました。なお、私は多数の物件を持っていることもあり施設賠償保険もいくつもの保険会社にて契約していますので、これを読んだ損保会社社員の方は、自分の会社のことは思わないでください。

 さて、自動車賠償責任保険(通称「自賠責」)の基準の慰謝料というのは弁護士会・裁判所基準の半額程度です。損保会社は株式会社であり私たちの不動産賃貸業と同様に利益を出すのが第一の目的ですから、保険会社が負担する保険金(この場合は加害者の被害者に対する賠償額)を低く抑えようとして当然です。私たちがいかに売上を上げて費用や支出を下げるかを考えるのと同じですね。

 交通事故の被害に遭うと、保険会社の社員や弁護士に「治療の必要がない」とか「治療費を支払わない」とか言われたところで、彼らは医者ではないし診察もできないし、まして、よほど重症でなければ会ってもいない訳です。もし治っていなかったり体調が悪かったりしたら、加害者が契約している任意保険会社の意向に拘らず、通院を続けるべきです。

 事故当初、加害者の任意保険会社から電話がかかってきて、その保険会社が医療機関に医療費を支払う形で、被害者の患者は窓口で医療費を支払わずに治療を受けるのが一般的です。また、交通事故で健康保険証は使えないと言う医院事務員さんが多いです。しかし、これらは大きな間違いです。特に、治療費の健康保険自己負担分程度を払う資力のある被害者は、受傷から治癒または症状固定までの間、加害者やその任意保険会社から医療費含め一切のお金を受け取らず、医療機関への立替払いも遠慮して、被害者自らが健康保険を使って医療費を直接医療機関に払いながら通院すべきです。

 加害者側に治療費を支払わせるためには個人情報同意書を対人賠償保険会社に提出する必要があり、その後、加害者が契約している任意保険会社と医療機関との間で情報や金銭のやり取りがなされます。通常医療機関は毎月1回保険会社に請求をします。それを見ながらなるべく早く治療を止めさせることが保険会社支払い担当者の使命です。それゆえ、軽傷の場合は事故後1,2ヶ月で、骨折でも半年経たない間に、被害者と医療機関に治療終了のプレッシャーをかけていくのです。

 そうすると、本来まだ治療を継続すべきなのに治療を終了することになってしまいそうです。実際、昨年1月の私がそうでした。保険会社と契約している加害者代理人弁護士から「もう通院する必要はない」「休業の必要はない」等と治療中止の電話攻撃を12月頃に10回以上受ける中で、何となくそういう気になってしまったのです。2月の仕事予定を入れて仕事に復帰しようとしましたが、結局、体は1ヶ月位しか持ちませんでした。3月から治療を再開し、それでも治らずに4月からは休業状態となり、症状が回復するまでにその後長期間要しています。

 昨年3月以降の医療費は被害者という立場で自賠責保険に直接請求したところ、保険の限度額に達するまで支払われました。とはいえ、被害者が自賠責保険に直接請求すると、加害者も通常自賠責保険に支払い済み医療費を請求して、制度上加害者請求の支払いが優先されるため、その分限度額が減らされてしまいます。

 当初から健康保険を使って通院すれば1年通っても自賠責保険上限額にはなかなか達しません。実際、私よりも後に交通事故でむち打ち症になった友人にこの仕組みを教えたところ、半年以上何の問題もなく自賠責保険から保険金を得ながら治療を続けています。一方が、加害者の対人賠償保険に治療費を払わせると、すぐに自賠責保険上限額に達してしまうのです。

 ですから、結論的には、当初から健康保険を使って通院すべきなのですが、どうしてこの二通りの方法によって差異が生じるのでしょうか。これは保険制度の盲点です。それを知らないために多くの交通事故被害者は不利益を被っています。どういうことか、具体的な仕組みを知りたい方は、
をクリックしてお待ち下さい。


人気ブログランキングへ

posted by 石渡浩 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通事故

2015年02月13日

年に1度!不動産投資の祭典 HOME'S不動産投資フェア開催(参加無料)



人気ブログランキングへ 
 
 皆様ご無沙汰してすみません。久しぶりに仕事をすることになりました。「多様化する不動産投資の選び方 〜不動産投資資金を融資する金融機関やその融資制度の選択法〜」と題して1時間お話いたします。以下、主催者のネクスト様からのお知らせです。



 ■┓

豪華講師陣・不動産投資会社約20社 大集結!(先着1,000名)
┗╋……………………………………………………………………………………
  ┃2015年2月21日開催HOME'S不動産投資フェア★来場特典付★
  ┃      〜多様化する不動産投資の"選び方"〜
  ┃ http://toushi.homes.co.jp/event/20150221/?cmp_id=03_poexee_00000011
  

 国内最大級、不動産投資に特化した大規模イベント
 『HOME'S不動産投資フェア』のご紹介となります。

 年に一度限りのイベントを2月21日(土)にベルサール汐留にて
 1,000名のご来場受付で掲載いたします!

 新築・中古・一棟・区分、首都圏、地方圏、海外など各分野で
 活躍をする企業が約20社出展。
  
 同時に講演も行い、全ての投資手法を同時に比較・検討のできる
 イベントとなります。

 また、招待講師には、講演は常に超満員の有名投資家、石渡浩氏や
 不動産コンサルタント猪俣淳氏など、不動産投資に精通した豪華講
 師陣による講演をご用意しています。

さらに、ご来場の先着200名様には、IREM JAPAN編纂により全国の空
 室率、運営比率の実態をまとめた「全国NOI率調査報告書」をプレゼ
 ント!
 
 「国内不動産投資のナマの情報」が詰まった投資家必見の分析レポー
 トとなります。

 どなたでも参加無料で、お好きな講演を聴講いただけます。
 この機会にぜひHOME'S不動産投資フェアへ足をお運びください!


  ▼詳細情報・事前参加申込みはこちら(※無料)
  ------------------------------------------------------------------
  http://toushi.homes.co.jp/event/20150221/?cmp_id=03_poexee_00000011
  ------------------------------------------------------------------ 

  ▼HOME'S招待講師講演のご紹介
  --------------------------------------------------------
 ┌ ☆不動産コンサルタント 猪俣淳氏 (11時15分〜12時15分)
 │ ○多様化する不動産投資の選び方
 │ 〜不動産投資を選択する上での指標・考え方〜
 └────────────────────────────
 
 今、不動産投資を取り巻く環境は大きな変化の渦中にあります。
 「市場や環境の変化にどう対処していくか」そして、そのための
 「原理・原則 の理解」は投資家にとって欠かせないものとなって
 います。
 
 新築・中古、一棟・区分、都心・地方、フルローン・現金買い
 あるいは駐車場・商業店舗・太陽光発電・借底地・再建築不可など
 様々な選択肢について、その特徴と優位性・問題点・使い方につい
 て「不動産投資の正体」著者が解説します。


 ┌ ☆経済アナリスト 武者陵司氏 (13時15分〜14時15分)
 │
 │ ○デフレ脱却で開ける日本の投資チャンス
 └────────────────────────────────
米国経済の本格回復が視野に入り、ドル高・米株高が定着、好投資
 環境が続き、技術革新とグローバリゼーションの恩恵による空前の
 企業収益が支えている。

 日本経済も円高デフレの失われた20年が終わり、新たな成長軌道が
見えてきた。

 アベノミクスは日本を再度アジア最強経済国に押し上げるだろう。
 預金金利0%、国債利回り0.5%、配当利回り1.8%に見る以上株安の
是正が、デフレ脱却と政策の後押しにより進展しよう。
 
 日本株はかつてない投資機会を迎えている。


 ┌ ☆有名不動産投資家 石渡浩氏 (16:45〜17:45)
 │ ○多様化する不動産投資の選び方
 │ 〜不動産投資資金を融資する金融機関やその融資制度の選択法〜
 └────────────────────────────────
 専門家招待講師2名の講演を踏まえ、皆様と同じ投資家という立場
で2015年の不動産・金融市況で色々な不動産投資をしていくために
必要な資金を融資する「金融機関やその融資制度の選択法」を解説し
ます。

 また、個人保証を伴わない法人融資等、講師が最近1年間に取り組
んできた金融機関対応や融資付の事例を紹介するとともに、その背景
にある金融監督行政を説明します。


 ============================================================
☆HOME'Sスペシャルコンテンツ☆
 サラリーマン「だから」決めた!!ライフプランとしての不動産投資
 ============================================================
 <講演内容>
 ○資産形成として不動産投資を選んだ理由
 (講師不動産投資家兼サラリーマン 大橋 聰士 氏)
 
 株式、FX、預金etc...様々な資産形成の方法がある中で不動産投
資を普通のサラリーマン『だから』選択した理由をお伝えします。
 
 購入を決めた当時、自己資金もほとんどなく、妻も妊娠中。
 自宅のマンションを購入したばかりでさらに借入をし、縁もゆか
りもない名古屋に一棟アパートを購入。
 家族を持ちながらどのようなライフプランを描き、不動産投資が
なぜ資産形成として最適と考えたのか?

 実際の経験や現在の状況をリアルな実例を交え、ご紹介いたし
ます。
 
 <講演内容>
 ○これから不動産投資を始める方へ
 (若手サラリーマンオーナー 佐藤 俊介 氏)
 
 これから不動産運用を検討している方、必見です!
 私は、29歳の一般的なサラリーマンをしており昨年5月から不動
産運用を開始しました。
 
 個人的にこれから不動産投資を始めようと考えている方達へ伝え
たいのは、複数の会社のセミナーに参加して「自分が信頼できるな、
と感じた不動産会社で初回の購入をする事」です。
 
 良質な不動産会社の見分けるポイントや物件選びで見極めるべ
き項目も含めお伝えします。
 

 ┌ ★HOME'S不動産投資 出展企業一覧
 └────────────────────────────────
 ・フォーランドリアルティネットワークジャパン株式会社
 ・株式会社クリスティ
 ・リズム株式会社
 ・パシフィック・アセット・マネジメント株式会社
 ・株式会社シノケンプロデュース
 ・株式会社ロンテック
 ・株式会社ライズエスコート
 ・株式会社クレド
 ・きらめき不動産株式会社
 ・株式会社モダンアパートメント
 ・株式会社日成アドバンス
 ・株式会社松堀不動産
 ・オリジン・プロパティー株式会社
 ・ホルス・アドヴァイザーズ株式会社
 ・株式会社ファインセレクト
 ・日本ホールディングス株式会社
 ・株式会社木下不動産
 ・IREM JAPAN
 ・株式会社アシタクリエイト


 ■HOME'S不動産投資フェア開催概要
 ─────────────────────────────────────
 タイトル :HOME'S不動産投資フェア 
      〜多様化する不動産投資の"選び方"〜
 開催日時 :2015年2月21日(土)10時00分〜18時30分(9時30分開場)
 会場   :ベルサール汐留 2階
       http://www.bellesalle.co.jp/bs_shiodome/access.html
 参加料金 :無料( HPより参加申込が必要です )
 HP:http://toushi.homes.co.jp/event/20150221/?cmp_id=03_poexee_00000011
 ─────────────────────────────────────

 発行:株式会社ネクスト
   〒108-0075
   東京都港区港南2-3-13品川フロントビル
    HOME'S不動産投資セミナー&フェア事務局 担当:岡崎
   Tel:03-5783-3672(平日:10:00-17:00)

 HOME'S不動産投資
 http://toushi.homes.co.jp/

 見える!賃貸経営
 http://toushi.homes.co.jp/owner/

 HOME'S不動産投資(スマートフォン版)
 http://t.homes.co.jp/

 HOME'S不動産投資セミナー&フェアのご案内
 http://toushi.homes.co.jp/event/


 株式会社ネクストの個人情報取扱方針についてはこちらをご覧下さい。
 http://www.next-group.jp/privacy/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 配信されたメールの転送、Webサイトへの掲載は自由でございますが、
 著作権は株式会社ネクストにあり、許可なく改変することを禁じます。
 Copyright(C)2014 NEXT Co.,Ltd. All Rights Reserved.



人気ブログランキングへ
posted by 石渡浩 at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

無料メール相談

東京・神奈川・千葉・埼玉の一棟売りアパート・マンション投資をされている方やこれから始めようとされている方を対象に、無料メール相談をお受けします。

今後有料化を検討していますが、今申し込みされれば、ずっと無料で対応いたします。(無期限・回数無制限)
ご希望の方は、お名前(苗字)とメールアドレスを入力して登録して下さい。
お名前とメールアドレスのみで結構です。


*は入力必須です。
お名前(姓のみ)* 
メールアドレス* 
確認用メールアドレス* 
メールマガジン登録   石渡浩公式メールマガジン登録(まぐまぐ)
『石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―』
画像認証  CAPTCHA Image [画像変更]



石渡浩公式メールマガジン登録(まぐまぐ)に既にご登録の方は、 「メルマガ登録に失敗しました。 いくつかの原因が考えられます。以下の内容をご確認の上、いずれかの操作をお試しください。 入力されたメールアドレスは登録済みです。」 と表示されますが、登録は完了しておりますのでご安心ください。

また、稀に石渡浩公式メールマガジン(まぐまぐ)の登録ができない場合があります。 その際は、こちらから登録できます。