不動産投資家石渡浩のサイト

メールマガジン
石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
メールアドレス(半角)を入力ください。
学生時代に自己資金2千万円で不動産投資を始め,その後就職せずに融資を受けて6年間に15億円以上投資し年間家賃収入2億円の石渡浩が,自己資金千〜数千万円程度の一般投資家を主対象に,アパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します.
稀にメールアドレスを入力しても登録できない場合があります。
その際は、こちらから登録できます。

メールマガジンのバックナンバーを読みたい方はこちら

2013年02月04日

安部政権で融資はどうなる1 予算案と中小企業金融・資金繰り支援政策



人気ブログランキングへ 
 マクロの金融政策についてはご関心が低いようでしたので一旦見送って後日機会があれば再度書きたいと思います。

 皆様によりご関心があるのは、融資がどうなるかですよね。

 先週、来年度予算案が閣議決定されました。また、それ以前に平成24年度補正予算案も閣議決定されました。それらは財務省のウェブページにこの通り掲載されていますが、各省庁の分を全部読むのはかなり大変です。
 
 近年予算案通りに予算が決まらないことがありましたが、かつて「自民党一党独裁」と言われていた時代には、予算案がそのまま予算となっており、今回もそうなるでしょう(衆議院の優越により)。各省庁は財務省に予算を要求しますが、予算を要求するということは、その時点で来年度の政策立案を概ねしています。そして、新年度予算案が決まってからは、それを前提に、詳細な政策を決めて、予算案が国会で通ると速やかにそれを開始します。

 そのため、各省庁の予算案を熟読して不明点を管轄部署に質問することで、4月以降どうなるかは現時点で大凡分かるのです。それを商売にしているのがマスコミですが、細かいことまではあまり報道されません。

 安部政権で私達中小零細企業への融資はどうなるのか、ご関心のある方は、
をクリックして下さい。


人気ブログランキングへ

posted by 石渡浩 at 06:32| Comment(123) | TrackBack(0) | 日記

無料メール相談

東京・神奈川・千葉・埼玉の一棟売りアパート・マンション投資をされている方やこれから始めようとされている方を対象に、無料メール相談をお受けします。

今後有料化を検討していますが、今申し込みされれば、ずっと無料で対応いたします。(無期限・回数無制限)
ご希望の方は、お名前(苗字)とメールアドレスを入力して登録して下さい。
お名前とメールアドレスのみで結構です。


*は入力必須です。
お名前(姓のみ)* 
メールアドレス* 
確認用メールアドレス* 
メールマガジン登録   石渡浩公式メールマガジン登録(まぐまぐ)
『石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―』
画像認証  CAPTCHA Image [画像変更]



石渡浩公式メールマガジン登録(まぐまぐ)に既にご登録の方は、 「メルマガ登録に失敗しました。 いくつかの原因が考えられます。以下の内容をご確認の上、いずれかの操作をお試しください。 入力されたメールアドレスは登録済みです。」 と表示されますが、登録は完了しておりますのでご安心ください。

また、稀に石渡浩公式メールマガジン(まぐまぐ)の登録ができない場合があります。 その際は、こちらから登録できます。